英語を使うような営業の仕事ってどんなもの?

国内営業の場合

グローバルな企業であれば営業も当然英語が必要になってきます。海外取引もあるでしょうし、輸出入の交渉もあります。すでに楽天やユニクロなどは英語を公用語にすると公言しています。
化粧品関連や医薬品関連の営業さんなどは英語が必要な場合があります。化粧品会社や製薬会社は外資系が多く、自分の上司が外国人であったりします。なので、英語でコミュニケーションをとる必要が出てきます。また、新製品の説明などは本国から英文で届く場合もあり、基本的にはマーケティング部等が日本語訳しますが、原文で読めるとより一層細かいニュアンスが伝わります。また、近年では外資系の小売企業も日本進出しており、マネージャークラスが外国人の場合もあり、英語能力が要求される場合があります。近年は日本の小売企業も海外進出に積極的になっており、その場合も営業に英語力が必要になってきます。
また、近年日本国内の景気が悪く、日本での売り上げが頭打ちになっている企業も多くみられます。そういった企業は中小企業でも積極的に海外進出に目を向けるようになってきています。すると海外輸出のための書類等を英文で用意する必要があり、その担当営業になると英語力が要求されます。
また、輸入商社なども基本的に海外から製品を輸入し国内で販売する、または製品を輸出するという商売なので、営業職も英語力が必要になります。

海外営業の場合

海外営業の場合、国内営業と違って基本的にクライアントが外国人であるため、英語を使った営業能力が必要になります。
また、海外出張や駐在などもありますので、より高度な英語力が必須となります。海外営業の場合は英語力にプラスして交渉能力、コミュニケーション力が求められます。文化の違いを超えて取引をするため、柔軟に対応できる能力が必要とされます。また、TOEICの点数よりも英語を使ってのコミュニケーション能力が高いかどうか、また実際の実務能力が高いかどうかが重要視されるようです。

英語の実務は未経験でも転職できるの?

英語よりも今までの実務の経験が優先されます

英語の実務が未経験の場合、どうしても不安になりがちですが、結論から言うと転職できます。あなたが英語に不安がないというレベルであれば、モノを言うのは英語を使わなくても実際にその仕事をやってきたかどうかです。英語の先生や通訳になるわけではありませんので、「求められている仕事ができるかどうか」の方が重要視されます。実際に外資系に勤めている方で、英語のできない営業部長という方もいらっしゃいます。その会社は社長がアメリカ本国から送り込まれた外国人社長で、マネージメント会議も英語で行われるのですが、その方はほとんど英語が話せません。これは本国とのやりとりよりも国内での営業力を高く買われているからです。転職の場合、実務経験の有無が優先されます。
逆に言うと英語だけ出来てもお仕事の実務経験がないほうが英語を活かす転職は難しいと言えます。実際に「英語の実務は未経験でも可」という転職案件もありますので、一度転職サイトなどでチェックしてみてはいかがでしょうか。

実務プラス英語能力がものをいう

「英語だけでは武器にならない」などと言い切る方もいらっしゃいますが、確かに英語ができるだけで仕事が出来なければ転職は難しいでしょう。世の中には仕事ができる人も英語ができる人も世の中には大勢いらっしゃいます。しかし、仕事が出来て英語もできるという二つのスキルを重ねて持っている人になるとグッと少なくなってしまいます。例えばですが、「エンジニアとしての能力が高くてなおかつ営業力がある」という人は人材としては少ないです。ひとつひとつのスペシャリストは大勢いても、ハイブリッドな人はなかなかいないのが現実です。なので一つのことに長けている人に少しの英語力があればこれは大きな武器になります。「営業として凄腕でなおかつ英語が喋れる」とか「商品開発能力があって、英語も堪能」などという場合は非常に有利になるでしょう。

転職するときに英語で面接はあるの?

転職エージェントも英語を使います

英語を使った仕事に転職を希望している方は、まず外資系に強い転職エージェントに登録すると良いでしょう。また、転職エージェント自体が外資系の場合、担当者が外国の方で日本語を話さない場合もあります。これはエージェント自体が転職する方の英語力を試している場合もあります。なので転職をすると決めた段階から英語のスキルを磨いておくとよいでしょう。転職エージェントはあなたがどのくらいの仕事ができるか、どのくらいの英語のレベルなのかをチェックし、あなたがいくらくらいでどこに売れるのかを値踏みしてきます。転職エージェントも商売ですから、売り物にならないと踏まれたらなかなか良い案件を紹介してくれません。転職エージェントを使う場合、すでにそこが面接の第一段階と考えておいた方がよいでしょう。

英語での面接

転職する際には英語での面接があります。英語日本語に関わらず面接の際はこれまでのキャリアと、どの程度の仕事ができるのかというスキルを聞かれますが、それにプラスして「どのくらいの英語のレベルなのか」を確認されます。通常あなたのボスになる上司が英語レベルを確認することになるでしょう。また、外資系で社長が英語を喋る方の場合、最終的には社長面接で確認されることになります。
質問される内容としては、中途採用面接の場合、今までの職務経歴と転職理由(なぜ前職を退職したいのか、またはした理由)はほぼ100%の確率で聞かれると思って間違いありません。この二つはきちんと準備しておきましょう。また今までのキャリアを整理するために英文での職務経歴書を作っておくとよいでしょう。
また、ネイティブレベルの方は別として、実際に話してみると緊張してしまい、英語が上手く操れなくなってしまうケースがあります。その場合には文法や綺麗な発音の英語を喋ろうとするよりも、自分の言いたいことを伝えることを第一優先とすると良いでしょう。日本語でも英語でも大切なのは文法よりもコミュニケイション力です。

正社員が東京で転職するときに気を付けること

仕事を取るか給料を取るか

正社員が東京で転職するにあたって気を付けたいポイントは、まずは自分がどのように働きたいかということです。転職しようとする場合、おそらくは今の会社に何かしらの不満があるはずです。転職先はその不満を解消してくれる企業なのかどうかの見極めが大切です。もちろん会社というのは入って見なければわからないこともたくさんありますが、出来る限り知人やネットを使って調べてみることが大切です。今は会社名を名指しして会社の情報が書き込まれているサイトもありますので、転職しようと思った場合、まずは調査することが大切です。現状の不満は人それぞれです。給料には満足しているが、残業が多く休みも取れないという人もいるでしょうし、給料に不満があってなおかつ休みが取れないという人もいるでしょう。転職したい理由としては、給料に対する不満、労働時間に対する不満、人間関係の悩み、などが多いですね。人間関係ばかりはその会社に入ってみなければ分かりませんが、同業他社であれば取引先に聞いたり、競合他社に聞いたりして情報を集めましょう。また、転職サイトで頻繁に募集している企業は離職率が高いということなので注意しておくのをおすすめします。

契約社員での入社に注意

もう一つ、今正社員の方は正社員として入社することをお勧めします。契約社員で入って「正社員登用あり」という募集もありますが、契約社員はあくまで契約社員です。正社員になれる保証はありませんし、「そんなことでは正社員になれないよ」というパワハラを受けるケースもあります。また、正社員よりは退職させられやすいというデメリットもあります。

どこで仕事をし、どんな内容の仕事をするのか

東京といっても広いので、勤務地と勤務時間は自分のライフスタイルにあった転職先を選ぶとあとあと楽になります。転職するのに勤務地なんか選んでいられないと思う方もいらっしゃると思いますが、勤務地が居住地から遠く、なおかつ始業時間が早いとなるとダブルでストレスがかかるケースがあります。出来る限り無理のない勤務地を選ぶことをお勧めします。また、東京での仕事にこだわっている方は転勤の有無も確認しておきましょう。大手企業は頻繁に転勤させられる可能性もあります。また、転職に当たって業種や職種を「あえて変えたい」、と思っている方以外は転職先での仕事内容が今の自分の実力に合っているか、自分のキャリアを活かせるかどうかもチェックしておきましょう。

英語を使える正社員として転職するときのポイント

英語を使ってどのような仕事をするかを確認

英語を使う職業に就きたいと思っていらっしゃる方も多いと思います。英語スキルの高い方、英語の好きな方はやはり自分の特技を活かした仕事に就きたいと思うでしょう。
英語を使う仕事に転職する際に確認が必要なのは、どのレベルの仕事を英語でするのかということです。企業サイドとしてはTOEICの点数をクリアしていることが第一条件となりますが、実際に英語を使ってどんな仕事をするかがカギになります。メールのやりとり程度でよいのか、電話での応対もするのか、また、パワーポイントなどの資料まで英語で作成するのか、プレゼンをするのか、商談をするのか、海外への出張まであるのか、によっても求められている英語レベルが違います。

要求される英語レベルの確認

また、英語で出来る仕事内容プラス、単純にその英語力がどのレベルなのかも重要です。多少たどたどしくても意思の疎通が出来ればいいのか、ネイティブレベルの英語力が必要なのかも確認しておきたいところです。日本人で英語の使える方同士でも「どちらの英語力が高いか」を実は気にしています。自分だけがあまりに低い英語力だと転職してものちのち苦労しますので、会社全体としてどの程度の英語力を必要とされているかを確認しておきましょう。同じ外資系でもほとんどの人が英語が使える会社もあれば、マネージャークラスしか英語を必要としない会社もあります。外資系の場合は比較的高い英語力を要求されます。本国へのレポートを提出する場合、英語で提出しなければなりませんし、経営陣が外国人の場合、通訳なしで英語での会議が開かれる場合もあります。また国内企業で英語が必要な仕事は輸出入に関わる仕事が多くなります。原料や資材の調達、また、製品の輸出入などがあります。国内企業の場合は企業規模によりますが、英語を使う部門以外は英語を話せる社員が少なかったりしますので、比較的低い英語力でも大丈夫な場合があります。